情報ナビ

HOME | 情報ナビ | 産休中の社会保険料免除

産前産後休業期間中の社会保険料(健康保険、厚生年金保険)免除

産前産後休業期間中(産前42日間(多胎妊娠の場合は98日)、産後56日のうち、妊娠または出産を理由として労務に従事しなかった期間)の社会保険料が免除されます。
 

保険料の徴収が免除される期間

産前産後休業開始月から終了予定日の翌日の月の前月(産前産後休業終了日が月の末日の場合は産前産後休業終了月)までです。免除期間中も被保険者資格に変更はなく、将来、年金額を計算する際は、保険料を納めた期間として扱われます。
 
 

産前産後休業を終了した際の標準報酬の改定

産前産後休業終了後に報酬が下がった場合は、産前産後休業終了後の3ヶ月間の報酬額をもとに、新しい標準報酬月額を決定し、その翌月から改定します。
 
 

産前産後休業を開始したときの標準報酬月額特例措置の終了

3歳未満の子の養育期間に係る標準報酬月額の特例措置(年金額の計算時に下回る前の標準報酬月額を養育期間中の標準報酬月額とみなす)は、産前産後休業期間中の保険料免除を開始したときに終了となります。

 
青い太線は、標準報酬月額の高さを表しています。
青い破線は、年金給付額算定上の標準報酬月額の高さを表しています。
 

 

手続き例

1.「出産前」に産休期間中の保険料免除を申出した場合

出産予定日よりに出産した場合
① 産前休業開始後に「産前産後休業取得者申出書」を提出
② 出産後に「産前産後休業取得者変更(終了)届」を提出

 
 
 
 

出産予定日よりに出産した場合
① 産前休業開始後に「産前産後休業取得者申出書」を提出
② 出産後に「産前産後休業取得者変更(終了)届」を提出

 
 
 

出産予定日に出産した場合
① 出産後に「産前産後休業取得者申出書」を提出
その後、出産予定日どおりに出産した場合は「産前産後休業取得者変更(終了)届」の提出は不要。
 
 

2.「出産後」に産休期間中の保険料免除を申出した場合

① 出産後に「産前産後休業取得者申出書」を提出(出産予定日、出産日両方を申出)

 

 
 

3.産休終了予定日の前までに産休を終了した場合

当初申出した①の産休終了予定日よりも前に産休を終了した場合は、②「産前産後休業取得者変更(終了)届」により終了日を届出(終了予定日どおりに終了した場合は、届出は不要)

 

 
 

届出する際の注意点

「産前産後休業取得者申出書」は必ず産前産後休業期間中に提出してください。