情報ナビ

HOME | 情報ナビ | 年次有給休暇

年次有給休暇の日数

6か月継続勤務して全労働日の8割以上出勤した労働者に対して、10労働日の年次有給休暇が付与されます。年次有給休暇の付与日数は、勤続年数に応じて加算されます。
 
年次休暇の付与日数
(週の所定労働時間・所定労働日数が少ない労働者については、所定労働日数に応じた日数の年休が付与されます。)
 

勤務年数
0.5年 1.5年 2.5年 3.5年 4.5年 5.5年 6.5年以上
付与日数 10日 11日 12日 14日 16日 18日 20日

 
 

計画的付与

 年次有給休暇は労働者の請求する時期に与えるのが原則ですが、労働者の過半数で組織する労働組合があればその労働組合、ない場合は労働者の過半数を代表する者との書面による協定により、有給休暇のうち5日分を超える部分については、使用者が時期を決めて与えることができます。
 ここで注意する点は、継続勤務年数の少ない労働者を含め、事業場全体の休業による一斉付与をしようとする場合は、年数の少ない労働者の年次有給休暇日数を増やす必要がある場合があります。また、特別の事情により年次有給休暇の付与日をあらかじめ定めることが適当でない労働者については、労使協定を結ぶ際、計画的付与の対象から除くことを含め、労使間で考慮することが必要です。
 
例)
10労働日持っている労働者は5労働日、12労働日持っている労働者は7労働日の有給休暇を計画的に与えることができます。
 
 

半日単位の年休取得

年次有給休暇は日単位で取得することが原則ですが、労働者が希望し、使用者が同意した場合であれば、労使協定が締結されていない場合でも、日単位取得の阻害とならない範囲で半日単位で与えることが可能です。
 
 

時間単位の年休取得

事業場で労使協定を締結すれば、1年に5日分を限度として年次有給休暇を時間単位で取得することができます。日単位で取得するか、時間単位で取得するかは、労働者が自由に選択できることになります。

 
 

労使協定では以下を定める必要があります。

1.時間単位年休の対象労働者の範囲
2.時間単位年休の日数
3.時間単位年休1日の時間数
4.1時間以外の時間を単位とする場合はその時間数
 

1.対象者の範囲

対象となる労働者の範囲を定めます。仮に一部を対象外とする場合は、事業の正常な運営との調整を図る観点から労使協定でその範囲を定めることとされています。ただし、取得目的などによって対象範囲を定めることはできません。

(例)
◯ 工場のラインで働く労働者を対象外とする → 事業の正常な運営が妨げられる場合は可。
× 育児を行う労働者に限る → 取得目的による制限なので不可。

 

2.時間単位年休の日数

「5日以内」とは、1年間の年次有給休暇の日数のうち5日以内を言うもので、前年度からの繰越がある場合であっても、繰越分を含めて5日以内です。
 

3.時間単位年休1日の時間数

1日分の年次有給休暇に対応する時間数を所定労働時間数を基に定めます。時間に満たない端数がある場合は時間単位に切り上げてから計算します。

(例)
1日の所定労働時間が7時間30分で5日分の時間単位年休
→ 7時間30分を切り上げて1日8時間とする。
→ 8時間×5日分=40時間分の時間単位年休
  (7時間30分×5日=37時間30分を切り上げて38時間ではない。)

 

4.1時間以外の時間を単位とする場合はその時間数

1時間以外の時間を単位とする場合はその時間数を記入します(2時間、3時間など)。ただし、1日の所定労働時間を上回ることはできません。
 
 

時間単位年休に支払われる賃金額

時間単位年休1時間分の賃金額は、①平均賃金、②所定労働時間労働した場合に支払われる通常の賃金、③標準報酬日額をその日の所定労働時間数で割った額です。
 

半日年休との関係

半日単位の年休の運用については、事業場に委ねられているので半日年休を取得した場合の取扱については労使で定めることとなります。
 

計画年休との関係

時間単位年休は、労働者が時間単位による取得を請求した場合において、労働者が請求した時季に時間単位により年次有給休暇を与えることができるものですので、計画的付与として時間単位年休を与えることはできません。
 

時季変更権

時間単位年休についても時季変更権の対象となりますが、時間単位による取得を希望した場合に日単位に変更することや、日単位の請求を時間単位に変更することはできません。ですが同日であれば可能です。例えば、9時~10時の1時間の請求が行われた場合、これを同日の13時~14時に変更することはできます。
 

残日数・残時間数の管理

例)所定労働時間が8時間で、20日の年休があり、時間単位で5日まで取得できるとしている場合

  残日数(うち時間単位で取得可能な日数) 残時間数
最初 20日(5日)  
3時間の年休取得 19日(4日) 5時間
1日の年休取得 18日(4日) 5時間
6時間の年休取得 17日(3日) 7時間
5時間の年休を5回取得 14日(0日) 6時間
14日の年休を取得 0日 6時間
6時間の年休取得 0日 0時間